「Bankur(バンクル)」は
法人向けの振込手数料削減の送金専用プラットフォーム

企業によって掲げている内容は様々ですが、上手く行っている企業とそうでない企業に二分されています。
企業として推し進めていたとしても、なかなか社員に浸透しない。
たとえ浸透したとしても、少し気を抜くとすぐに元に戻ってしまう。
たとえ定着したとしても、パフォーマンスだけが先行し、結果は出ないまま形だけのものとなってしまう。
それでは結局労力だけがかかってしまい、意味のないものとなってしまいます。
目先のコスト削減だけに注力するあまり、実は事務効率等々が悪化し
大幅にコストが増加している場合もあります。

[!] 簡単に「経費削減」といっても、実際に結果を出すことは実に大変なことです。

銀行では、他銀行宛に3万円以上の振込だと
700円前後の振込手数料がかかります。
毎月発生する振込手数料、月額・年額にしてみると・・・

[!] 1件700円もかかる振込手数料
考えてみたら結構な経費ではないでしょうか?

そもそも、振込手数料を削減できると思っていない方も多いのではないでしょうか。
また、たとえ削減できるとしても…

このようなことが心配ですよね・・・

面倒な手続きが一切なく、振込手数料を削減できる、
画期的なサービスが存在するとしたら、利用したくありませんか?

実は、そんなサービスが存在するのです!

面倒な手続きは一切なく、振込手数料が削減できるサービス
それが今、各業界から注目されている「Bankur(バンクル)」です。
今まで削減することができないと思われていた振込手数料が一律 260 円(税抜)になります。
日本国内の金融機関への振込が可能です。
振込金額や振込件数の大小や制限もなく、振込先も全く関係ありませんので
ほとんどの企業様において明確なコスト削減が実現できます
さらに、お振込で受取銀行口座の名義人・口座番号相違などが生じた場合
通常600円~800円程度の「組戻し費用」がかかりますが、「Bankur(バンクル)」では一切かかりません

「送金代行サービス」とは

お客様のお取引先銀行は、そのままご活用できます。
あたらしく銀行口座を開設することなど一切なく、銀行と同じようにインターネットを
活用し送金できるシステムが、「Bankur(バンクル)」です。
パソコンから簡単な操作方法で、お客様名義で送金ができ
大量送金データなども意識する必要もまったくありません。

銀行のインターネットバンキングとはどう違うの?

「インターネットで送金できるシステム “Bankur(バンクル)”と、
銀行のインターネットバンキングとは、何が違うの?」
と思われる方もいるのではないでしょうか?
まずは、コスト面。
銀行のインターネットバンキングは利用するために初期費用や月額利用料がかかるところが多く
たとえ振込手数料が安くてもそれでは意味がありません。さらに、組戻し費用も発生します。
また、専用ソフトの購入や導入などの手間がかかります。

[!] 「Bankur(バンクル)」は月額利用料・初期費用・組戻し費用がかからない上、利用するための煩わしい手続きは一切ありません

振込手数料が安くなるだけではありません。
「Bankur(バンクル)」にはほかにも驚きのメリットがあります。

送金データ作成代行サービスとは、例えば
■ 請求書をスキャニングした PDF データ
■ 送金先情報の EXCEL データ
といった情報をメールや FAX で送るだけで、送金データを作成して「Bankur(バンクル)」へ アップロードまで代行するサービスです。

毎月1,000件の送金があるとすると、
1日200件のデータを作成しても5日間かかります。
「Bankur Plus+(バンクルプラス)」を利用すれば、
30円×1,000件=30,000円(税抜)で その時間から解放されます!!
送金は「Bankur(バンクル)」にアップされたデータを確認・承認
するだけで実行できます。

「Bankur(バンクル)」ではカスタマーサービスを完備しています。
カスタマーサービス専門部門は、よりお客様の声を聴き、
「Bankur(バンクル)」のサービス向上につなげています。
例えば、振込エラーとなった場合、一般的には企業の経理担当者が
気付くまでわかりませんが、「Bankur(バンクル)」の場合、
システム側で検知できれば、振込依頼企業の担当者様に
振込エラーのお知らせメールが自動配信されます。
また、カスタマーサービスからも電話でエラー状況を知らせて
くれる
ので、振込エラーをより迅速に認識することができます。
急ぎの送金でも、安心して任せることができるのです。

さらに…「Bankur(バンクル)」カスタマーサービスのここがすごい!!

受電率100%

聞きたいことがあるのに、音声テープのアナウンスに沿って何度もボタンをプッシュしなければならなかったり、 なかなか電話がつながらずにイライラさせられるということがありません。

一次応答率97%

色々な担当者にたらい回しにされてしまったり、折り返し電話を待たなければ
ならないということがありません。

送金データ作成代行サービスとは、例えば
・ 請求書をスキャニングした PDF データ
・ 送金先情報の EXCEL データ
といった情報をメールや FAX で送るだけで、送金データを作成して「Bankur(バンクル)」へ
アップロードまで代行するサービスです。

毎月1,000件の送金があるとすると、
1日200件のデータを作成しても5日間かかります。
「Bankur Plus+(バンクルプラス)」を利用すれば、30円×1,000件=30,000円(税抜)で
その時間から解放されます!!
送金は「Bankur(バンクル)」にアップされたデータを確認・承認するだけで実行できます。

「Bankur(バンクル)」ではカスタマーサービスを完備しています。
カスタマーサービス専門部門は、よりお客様の声を聴き、
「Bankur(バンクル)」のサービス向上につなげています。
例えば、振込エラーとなった場合、一般的には企業の経理担当者が気付くまでわかりませんが、「Bankur(バンクル)」の場合、システム側で検知 できれば、振込依頼企業の担当者様に振込 エラーのお知らせメールが自動配信されます。
また、カスタマーサービスからも電話でエラー状況を知らせてくれるので、振込エラーをより
迅速に認識することができます。急ぎの送金でも、安心して任せることができるのです。

さらに…「Bankur(バンクル)」カスタマーサービスのここがすごい!!

受電率100%

聞きたいことがあるのに、音声テープのアナウンスに沿って何度もボタンをプッシュしなければならなかったり、
なかなか電話がつながらずにイライラさせられるということがありません。

一次応答率97%

色々な担当者にたらい回しにされてしまったり、折り返し電話を待たなければならないということがありません。

振込手数料が安くなり、月額利用料・初期費用・組戻し費用も0円。
いいことづくしのサービスですが、独自システムを利用しているということもあり、
安全性はどうなのでしょうか?
しかし心配はご無用です。「Bankur(バンクル)」は3つの安全対策で
大切な資金を守る仕組みとなっています。

不正アクセス・外部攻撃からデータを守る仕組みを標準化しています。

「Bankur(バンクル)」では送金データを管理画面から登録する際に、システムで不正データを排除します。
また、管理画面へのアクセス制限を実施することで第三者のなりすまし、不正アクセスを防ぎます。さらに、
自社の取引銀行データへのアクセス回数を抑えられるため、誤操作や第三者の攻撃リスクを最小限にします。

「賠償責任保険」で万が一のリスクに備えています。

弊社の瑕疵によるシステム障害等が発生した場合、「賠償責任保険」が適用されます。

送金資金は「信託財産」として分別管理され安全に守られます。

送金専用資金口座に振り込まれた資金は「分別管理」を行い、信託業務を遂行する第三者により信託財産として
守られます。そのため「Bankur(バンクル)」がお客様の資金を流用することはできません。

「Bankur(バンクル)」では送金データを管理画面から登録する際に、システムで不正データを排除します。
また、管理画面へのアクセス制限を実施することで第三者のなりすまし、不正アクセスを防ぎます。さらに、
自社の取引銀行データへのアクセス回数を抑えられるため、誤操作や第三者の攻撃リスクを最小限にします。

弊社の瑕疵によるシステム障害等が発生した場合、「賠償責任保険」が適用されます。

送金専用資金口座に振り込まれた資金は「分別管理」を行い、信託業務を遂行する第三者により信託財産として守られます。
そのため「Bankur(バンクル)」がお客様の資金を流用することはできません。

[!] これなら、むしろ通常の金融機関で送金手続きを行うよりも安全といえそうです。

実は、振込手数料は「隠れたコスト」

「Bankur(バンクル)」なら簡単な手続きで振込手数料が一律260円(税抜) になる。

安くなるだけじゃない!「Bankur(バンクル)」には送金データ作成代行サービスやカスタマーサービスの完備などメリットがたくさん。

「Bankur(バンクル)」は3つの安全対策で、あらゆる角度から大切な資金を守ります。

一筋縄ではうまくいかない経費削減。
しかし「Bankur(バンクル)」を使えば、簡単に経費、工数を削減できることがおわかりいただけましたでしょうか。
ある企業では削減した費用を使い、社員旅行に行ったそうです。
普段は見ることができない社員たちの笑顔、普段は生まれない交流。
これはほんの一例です。削減した費用で、新しいシステムを導入できるかもしれません。
新しい人材を採用できるかもしれません。新規事業に充てることができるかもしれません。


そこには経費削減という言葉だけでは決して語れない何かがあるのではないでしょうか。

<------------------------>